History

昭和35年 松山市大街道の毛糸店の三女として生まれる。
昭和42年 松山市立東雲小学校入学

友達とドッジボールやゴム飛びするのが大好きですくすく育ち、6年生の時にはすでに身長が160cm!健康優良児にも選ばれる。好きな教科、給食!!(←教科じゃない!)嫌いな事、お膳の上を拭くこと。(長女が料理を手伝い、次女は配膳、で一番下っ端の三女はいつもお膳の上を拭かされてたので…トラウマが)

昭和48年 松山市立御幸中学校入学

ブラスバンド部に所属、クラリネットを吹いてました。
音に包まれる幸福感を知りました。1年生の時、脊髄側湾症が発見され、中学3年間は上半身ギプスの生活。その時恩師が掛けて下さった「災い転じて福と成す」の言葉は今も私の支えです。

昭和51年 愛媛県立松山東高等学校入学

茶道部に所属。『坂之上の雲』の秋山好古も学んだ由緒ある『明教館』で稽古出来たことは誇りです。運動会に燃え、文化祭に燃え、学業に燃え尽きた3年間。この時の友人は一生の財産です。

昭和54年 国立神戸大学法学部入学

研究ゼミは国際関係論。恩師の語る「真の民主主義とは」の話に胸震わせる青春の日々。…と、ここで道を誤る…落語研究会に入部。「可愛家ひとえ」の芸名をもらい落語の世界の庶民の涙と笑いの息吹に魅了され、落語三昧の4年間を送る。

昭和58年 南海放送にアナウンサーとして入社

実はアナウンサー志望ではなかったが、募集がアナウンサーしかなかったので。本人的には翌年ディレクターに異動のつもりが、25年続けることに。

昭和61年 結婚

弘喜さん(夫)と初めて会ってから半年、赤穂浪士討ち入りの日に電撃結婚!!

昭和62年 長女の佑麻(ゆま)誕生

その10月10日の青空は忘れられません。一番幸せな日でした。

昭和63年 長男の彬太郎(あきたろう)誕生

その12月29日の星空は忘れられません。一番幸せな日が二つに増えました。

平成3年 ふるさとのいいとこ探しの旅『もぎたてテレビ』スタート

3歳と2歳の子どもをダンナに託して出張の多い生活が始まりました。なので、家の子どもが小さい頃描いた家族の絵は、父親が一番大きい。これは私の誇りでもあります。これが本当の家族の姿だと思いますから。18年間にわたり愛媛県内をくまなく取材、ふるさとのいいところを紹介してまいりました。その傍らで、徐々に寂れていく地方の現状も目の当たりにしました。「番組を通じて、ふるさとを振興していこう」ともぎたてスタッフと共に全力 で番組制作に取り組みました。 おかげさまで、「もぎたてテレビ」は地方制作の番組としては異例の人気番組 に成長し、その取材姿勢は高く評価され、国内の全放送の中で優秀な番組を表彰する「ギャラクシー賞」を平成18年に受賞しました。取材させていただ いた方々、視聴者の皆様、スポンサーやスタッフの皆様、いろいろな方の支えのおかげです。長い間、本当にありがとうございました。
<オマケのトリビア>
グルメ特集でラーメンを取り上げたときは、食べ残すのが嫌で1日5~6杯のラーメンを完食しました!

平成20年 これまでの人生で一番大きな決断をしました。

「変えたいものがあるなら、その真っ只中に飛び込んで戦おう!」と覚悟を決めました。9月19日南海放送を退職。次期衆議院選挙に愛媛1区から民主党公認で出馬予定。

平成21年 第45回衆議院選挙に民主党公認で愛媛1区から立候補。
平成22年 127,562票を獲得し、比例四国ブロックで復活当選。

9月16日に初登院。国会議員としての責任の重さをかみしめ、決意を新たに…総務委員会委員、法務委員会委員、党国民運動委員会男女共同参画局事務局長を務める。

平成24年

文部科学委員会理事に就任。民主党幹事長補佐を拝命

平成25年

前年に行われた衆議院総選挙で落選。
一票を投じてくれた皆さんからあれだけ政治が変わると期待して頂いたのに、このままではいかんと再起を期す。朝の街頭演説に立った私に寒い中、車の窓を開けて「がんばって!」と声をかけて下さった方々のお声が原動力となって浪人人生をスタート。

平成26年

「食べられるのに捨てられてしまう」食べ物を有効に活用する「フードバンクえひめ」の立ち上げに加わり、子どもの貧困問題へ取り組む。
民主党愛媛県連代表として県連の立て直しを行う。
集団的自衛権行使容認閣議決定についてシンポジウムを開催。
戦後70年続いた平和憲法が閣議決定でくつがえされたことに反発し、街頭活動など様々な活動を展開していたが、決定から半年も経たない12月に突然の解散総選挙。立候補したが落選。

平成27年

働く若い人をサポートできる仕事をしようと「コパンNagae」を立ち上げ人材育成・研修・能力開発事業を始める。
松山をはじめ今治・新居浜・西条・宇和島など県内各地の企業の研修に出向いたり、「話し方・コミュニケーションの取り方、プレゼンテーション」のセミナーを開いて好評を頂く。
安保法が国会で強行採決される。

平成28年

市民団体の皆さんから安保法を廃止するため参院選に立候補してほしいとの要請。次いで連合はじめ各党派からも参院選への立候補の要請を頂く。悩んだ末、平和、憲法を守るため、市民の皆さんと「ふたたび。平和のために」の思いをともに、出馬を決意。