━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2013年03月号 ━━

 前衆議院議員 ながえ孝子の『陽だまり通信』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんにちは、ながえ孝子です。
 あなたとの出会いに感謝し、活動の一端をご理解頂きたいとの願いをこめて、
 メールをお送りさせて頂きます。もし、このメールがおじゃまな場合は、お手数
 をおかけしますが、返信機能を使ってこのメールに「配信停止」とお書き添えの
 上、ご返信いただきますよう、お願い致します。


 ※文字がずれて読みにくい方は、等幅フォントで表示の上、お読み下さい。

 ┏─────────────────────────────────
┏┓【0】今号のメニュー                       ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 【1】ながえ孝子よりご挨拶

 【2】ながえの『ひとくちメモ』:「春野菜」竹の子の知られざるパワー

 【3】ながえの『力こぶ』:『フードバンクえひめ』がついに始動!

 【4】ながえが見つけた『Coolまつやま』:本町の素敵なご飯屋さん

 【5】今後の予定

 【6】ニュースのコトバ:「フードバンク」


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【1】ながえ孝子よりご挨拶                    ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 旅立ちの季節を迎えました。
 昨年、活動を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
 民主党への批判が強い中、支援して下さるのは、色々ご負担をおかけしたと思い
 ます。
 心からの感謝を申し上げます。

 選挙後、じっくり考えました。
 日本の高度経済成長時代が始まった年に、私は生まれ、右肩上がりの経済成長と
 歩を同じくして成長しました。親の世代の頑張りで、実に多くのものを授けても
 らいました。
 私が受け取った有難いもの、望むだけの教育や、故郷に対する誇りや夢や希望や
 自由といったものに、子ども達が恵まれるように、力を尽くしたいと思います。

 皆さんの現場の声や暮らしの想いを、しっかりお聞かせ頂いて、もっと勉強しま
 す。
 また、このメルマガも政治問題に拘らず、暮らしの中で役に立つ情報をお届けし
 たいと思います。
 ゼロから出直して頑張りますので、どうぞまた指導くださいませ。
 よろしくお願い申し上げます。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【2】ながえの『ひとくちメモ』                  ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇「春野菜」竹の子の知られざるパワー

 春です! サラダです!
 芽吹きのパワーをサラダで食べるのは、春ならではの贅沢だと思います。
 で、春といえば新生活スタートで何かと忙しい季節でもあります。
 つい「あっ忘れてた!」「えーっとあれはどうなったっけ?」...
 この物忘れを防ぐ力が期待される春野菜が…実は『竹の子』なんです。

 竹の子には、必須アミノ酸の一つ「チロシン」が含まれています。「チロシン」
 は、脳にやる気を起こさせる神経伝達物質です。ゆでた竹の子の表面によくつい
 ているかたまりが、チロシン。取り除かない方がいいですよ。それから、旨味成
 分の「グルタミン酸」には脳機能を活性化する働きがあります。

 で、「時短料理」を考えるなら、<焼き>がお薦めです。おしゃれにイタリアン
 するなら、オリーブオイルに「にんにく」と「とうがらし」を効かせて炒める、
 『竹の子ペペロンチーノ』はいかがでしょう。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【3】ながえの『力こぶ』                     ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇『フードバンクえひめ』がついに始動!

 えひめ初の「フードバンク(Food Bank)」立ち上げのお手伝いをしています。

 フードバンクとは…日本ではもったいないことに、多くの食料が捨てられていま
 す。例えば、賞味期限を過ぎたお弁当とか、製造の途中で包装が破けてしまった
 物などなど…。年間およそ2,270万トンにもなります。もったいないことです。

 これらをメーカーあるいは業者さんから貰ってきて、困っている人や施設等に届
 ける、そんな助け合いの仕組みが「フードバンク(Food Bank)」です。いよいよ
 愛媛でも『フードバンクえひめ』が動き出しました。3月1日、第1便のドリン
 クが届き、松山市菅沢にある児童自立支援ホームに届けられました。

 この「フードバンク」は、1)廃棄される食料が活用される。2)生活に困って
 いる人や施設が助かる。3)運搬などの仕事を通じて、引き込もりの若者や障が
 い者の方の就労支援になる。など、一石三鳥の効果が、期待されます。

 皆さんに、広く「フードバンク」を知って頂くため、4月20日(土)にはフォー
 ラムも予定しています。
 どうか愛媛での成功に向けて、皆さんのご理解とご協力をお願い致します!


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【4】ながえが見つけた「Coolまつやま」              ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇本町の素敵なご飯屋さん

 素敵なご飯屋さん見つけました!
 本町通りを歩いていて、ふと入った「おひさまキッチン」
 夜ご飯750円で、手作りおかず満載。しかも、メインも副菜も数種の中から選べ
 るのです。
 アフターコーヒー100円。
 そして、お店のインテリアなどはおしゃれでくぁわいーい!
 メニューに「ご飯の量は調節できます。『ようけ』とか『ちぃと』とか言ってく
 ださい」と書いてあったので、もしやと思ったら、オーナーさんは個性的な<日
 本のおばさん>とのこと。
 今度は、ぜひお会いしに、昼ご飯650円をたべに参りませう。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【5】今後の予定                         ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇『ふれあいトークin生石』を開催
 
 3月31日(日)11:00~12:00 生石公民館で『ふれあいトークin生石』を開催し
 ます。皆さんの暮らしの実感、お困りごとなどお聞かせ下さい。


 ◇「朝の街頭演説」を実施中

 毎朝、市内のどこかの街角で「朝の街頭演説」をしています。お見かけになった
 ら、どうぞ応援をよろしくお願い致します。


 ◇ 公式サイトを大幅リニューアル

 ながえ孝子公式サイトを大幅にリニューアルしました。
 Facebook内に公式ファンページも開設!ながえ本人も投稿します。
 ぜひご覧ください。

 <ながえ孝子公式サイト>
 http://www.nagae-takako.jp/

 <ながえ孝子公式ファンページ(Facebook)>
 https://www.facebook.com/nagaetakako


 ◇ 出前集会もやってます!

 2~3人集まって下されば、いつでもどこでも参ります。
 ぜひ、ながえ孝子事務所にお声をかけてください。


 ながえ孝子の活動に関するお問い合わせ・ご連絡先:ながえ孝子事務所
 (TEL: 089-941-8007 E-mail: jimusho@nagae-takako.jp )


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【5】 「ニュースのコトバ」              合田治夫 ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 <今回のコトバは …「フードバンク」です。>

 1960年代のアメリカが発祥の「フードバンク」。低所得者や障がい者などの食事
 支援活動「スープキッチン」で、ボランティア活動を行っていたジョン・ヴァン
 ヘンゲルさんが、まだ食べられる食品がスーパーで大量に廃棄されていることを
 聞きつけたのが、そのはじまりです。ジョンさんがスーパーに廃棄予定の食品の
 寄付を直接要請、一方で寄付された食品を保管する倉庫を、教会から提供しても
 らったことで、世界で最初のフードバンク『セントメアリーズフードバンク』が
 スタートしたのです。

 寄付文化の発達したアメリカでは、フードバンクのような現物寄付の場合、その
 原価の2倍の額まで税金が控除される他、(善意で)寄付した食品が原因でなん
 らかのトラブルが起こっても、寄付者に責任は問われないなど、多くの人がフー
 ドバンクに協力しやすい仕組みが整っています。

 一方で、これまで廃棄されてきた食料が、徐々に「わけあり商品」として流通す
 るようになってきたことに加え、食料価格の高騰などで、フードバンクへの寄付
 が減るという現象も起きているようです。一方日本でも、賞味期限(美味しく食
 べられるとされている期限)を延長したり、撤廃したりしようとする動きが、食
 品メーカーなどから出てきています。そもそも日本は、「3分の1ルール(製造
 日から賞味期限までの期間の3分の1を経過して小売に届いていない食品は全て
 破棄する商慣行)」に代表されるように、食品の流通制度が極めて厳格で、結果
 食品ロス(まだ食べられる食品の廃棄)が非常に多くなっています。例えばアメ
 リカでは、賞味期限、という概念がそもそもなく、「ベストビフォー(美味しく
 食べられる期限)」という目安があるだけです。もちろん、食べきれないほど過
 剰に食品を製造するのが、一番の問題ではありますが。

 世界中に広がるフードバンクの活動は、2002年に日本でもはじまりました。特に
 日本では「飽食の時代」と言われるように、食料の大量廃棄が深刻で、ゴミ問題
 にもつながるなど、フードバンクから得られるものは多い筈です。「もったいな
 い」文化の「元祖」である日本での、フードバンクの発展が期待されます。

                      バイリン出版解説委員 合田治夫


 次回の「陽だまり通信」もお楽しみに!!


─────────────────────────────────────
☆発行/編集:ながえ孝子事務所
 info@nagae-takako.jp (メルマガ専用アドレス)
 代表者:永江孝子(ながえたかこ)

 ながえ孝子公式サイト
 http://www.nagae-takako.jp/

※このメールマガジンの無断転載はできません。
─────────────────────────────────────