━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012年10月号 ━━

 衆議院議員 ながえ孝子の『月刊 陽だまり通信』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんにちは、衆議院議員の永江孝子です。
 あなたとの出会いに感謝し、活動の一端をご理解頂きたいとの願いをこめて、
 メールをお送りさせて頂きます。もし、このメールがおじゃまな場合は、お手数
 をおかけしますが、返信機能を使ってこのメールに「配信停止」とお書き添えの
 上、ご返信いただきますよう、お願い致します。


 ※文字がずれて読みにくい方は、等幅フォントで表示の上、お読み下さい。

 ┏─────────────────────────────────
┏┓【0】今月のメニュー                       ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 【1】10月のながえの一言(ご提案):「快適!みかん生活」を10倍楽しむ方法

 【2】9月の『力こぶ』:【将来、原子力ゼロ】の決断を要請

 【3】ながえが見つけた『Coolまつやま』:「しほや」さんの「○○食パン」

 【4】10月の予定

 【5】ニュースのコトバ:「ポジティブ・アクション」


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【1】10月のながえの一言(ご提案)                ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇「快適!みかん生活」を10倍楽しむ方法

 みかん県えひめ、シーズンインです!
 しかし残念なことに、かつて日本人が一番多く食べる果物…だったのが、12年前
 にバナナにぬかれ、3年前にはりんごに抜かれ…の右肩下がりの状態が続いてい
 ます。愛媛県民としては何とか「みかんの地位向上」のため、愛媛から《快適!
 みかん生活》を提案していきましょう!

 提案1.【ミカン風呂】に入ろう!
 みかんを食べた後の皮を洗って、ネットに入れてお風呂に浮かべる。
 香りが良くリラックスできますし、みかんの精油成分が毛細血管を広げ、血液循
 環を促進させてポカポカと温まるので、冷え性や肩こり、筋肉疲労などの改善に
 効果を発揮してくれますよ。

 提案2.風邪かな・・と思ったら【焼きミカン】
 寒気がする時は、みかんを直接網に乗せ、表皮全体が黒っぽくなるまで弱火でア
 ブったあと、皮を剥いで熱いままの果汁を搾って生姜汁を加えて飲むと、身体が
 ポッカポッカと温まります。

 提案3.皮で【みかん消臭剤】
 みかんの皮はとてもいい香りなので、電子レンジのにおい消しに使えます。
 レンジにみかんやオレンジの皮を入れ、「弱」で1分程度加熱すると、レンジに
 ついていた嫌なにおいを消すことができます。

 提案4.皮で【みかんお皿磨き】
 みかんの皮に含まれる「リモネン」という成分には、油や汚れを分解する働きが
 あるので、みかんやオレンジの皮でシンクや油で汚れた食器をこするだけでピカ
 ピカに。

 提案5.【みかん果汁でラブレター】を書こう!
 昔、やりましたよね、「あぶりだし」
 みかんの汁でかいた文字は、しばらくすると見えなくなりますが、火であぶる
 と…あーら不思議、浮かび出てきます。
 懐かしんで書きますか、久しぶりのラブレター。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【2】9月の『力こぶ』                      ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇【将来、原子力ゼロ】の決断を要請

 9月初め、総理に3回直談判に行きました。
 「将来、原子力ゼロ」の決断をお願いに。

 原発には、暮らしや経済を直撃する大変な危機的状況をも覚悟しなければならな
 いリスクがあることを再認識して、今後のエネルギー構造と経済の仕組みを考え
 ていかなければなりません。

 【将来、原子力ゼロ】目標を掲げれば、エネルギー需給やコストだけでなく、電
 力会社の経営や立地地域の問題、廃炉の技術や人材確保、核燃サイクル事業のゆ
 くえなど、克服すべき課題は山積みで、多くの困難が予想されます。
 しかし、使用済み核燃料の問題解決を先送りしながら、原子力政策を推進一辺倒
 ですすめてきた過去の政権の轍を踏まず、エネルギー政策においても未来に責任
 をもつ、「決める政治」の姿勢を貫くことが大事です。

 エネルギーの将来像が見えないまま大飯原発の再稼働がなされたことによって、
 国民の皆さんの不安や不信が増幅しているのも事実です。
 一度失った信頼を回復するのはとてもたいへんな作業であり、長い時間と多大な
 努力が必要です。十分な安全対策のうえ、必要最小限の原発を再稼働するために
 も、【将来、原子力ゼロ】方針を明確に表明し、その実現に向けての中・長期的
 な工程表とともに、規制や決定に関する合理的な説明責任を徹底していかねばな
 りません。

 実現の為には、代替エネルギーを開発し、再生可能エネルギーを育成し、省エネ
 ルギーももっと進めなければなりません。それは、課題というよりチャンスと言
 えます。【将来、原子力ゼロ】目標を掲げることで、我が国の多様な自然をフル
 活用した再生可能エネルギーの普及拡大にむけて制度改革がすすみ、技術革新が
 すすみ、投資がすすみます。省エネルギーについても、家庭やオフィスビルだけ
 でなく、コジェネや熱利用など、地域全体のスマート化がすすみます。

 かつて、「日本版マスキー法」によって自動車燃費向上の技術水準が向上し、世
 界一の経済大国へ成長したように、『日本再生戦略』にある「原発からグリーン
 へ」の下、日本全国をグリーン化・スマート化し、それによって世界の先頭に立
 つのです。【将来、原子力ゼロ】を明確に掲げ、「グリーン成長」へむけて大胆
 に踏み出す、決断の時だと思っています。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【3】ながえが見つけた「Coolまつやま」              ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇「しほや」さんの「○○食パン」

 この季節になると食べたくなるのが、松山市西石井にあるパン屋さん「しほや」
 さんの「さつまいも食パン」。さつまいもがごろっごろ入っています。

 入り方が、半端じゃない!
 サイコロ状のが、とか練り込んである、とかのような躊躇は一切なく、ほんとに
 「ごろっと」ごろごろ入ってます。
 で、パンとの調和をとるべく、何かプロならではの工夫があるんだと思いますが、
 一口ほおばって文句なくお・い・し・い!

 翌日の焼き直しがまた美味いんだなぁ。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【4】10月の予定                         ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇「民主党・国政講演集会」を開催
 
 来る10月20日(土)に、安住淳幹事長代行を迎えて、ながえの日頃の活動のご報告
 と政策を紹介させていただく、「民主党・国政講演集会」を行います。
 なお、集会は午前と午後の二回、それぞれ別会場での開催となります。参加をご
 希望の方は、会場の準備がございますので、参加ご希望の回を10月18日(木)まで
 に、ながえ孝子事務所までご連絡下さい。
 入場は無料です。皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げております。

 『民主党・国政講演集会 午前』
 日時:10月20日(土) 11:15~12:15
 場所:松山ワシントンホテル

 『民主党・国政講演集会 午後』
 日時:10月20日(土) 13:00~14:00
 場所:国際ホテル松山・南館


 ◇ 公式サイトを大幅リニューアル

 ながえ孝子公式サイトを大幅にリニューアルしました。
 Facebook内に公式ファンページも開設!ながえ本人も投稿します。
 ぜひご覧ください。
 <ながえ孝子公式サイト>
 http://www.nagae-takako.jp/
 <ながえ孝子公式ファンページ(Facebook)>
 https://www.facebook.com/nagaetakako


 ◇ 出前集会もやってます!

 2~3人集まって下されば、いつでもどこでも参ります。
 ぜひ、ながえ孝子事務所にお声をかけてください。


 ◇ Information(おしらせ)

 新しいポスターを作りました。家の塀に、あるいは駐車場のフェンスに貼っても
 いいよ、という方、ながえ孝子事務所までご連絡ください。


 ながえ孝子の活動に関するお問い合わせ・ご連絡先:ながえ孝子事務所
 (TEL: 089-941-8007 E-mail: jimusho@nagae-takako.jp )


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【5】 「ニュースのコトバ」              合田治夫 ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 <今月のコトバは …「ポジティブ・アクション」です。>

 社会的に不利な状況に置かれている、アンフェアな状況に置かれている人々をサ
 ポートしていく。世の中の不公平な仕組みを正していこうとする動きは、これま
 でにも続けられてきました。「アファーマティブ・アクション」と呼ばれるこの
 取り組みは、アメリカでは主に黒人やヒスパニック系の人々、つまり、歴史的に
 不当な差別に苦しんできた人々の救済措置というかたちで、手厚い経済支援や就
 業支援が行われてきました。例えば、黒人を一定数優先的に雇用しなければなら
 ない、というルールは「アファーマティブ・アクション」の典型です。

 日本における弱者というと、もちろんいろいろいらっしゃいますが、何といって
 も女性が挙げられます。世界有数の経済大国になった日本ですが、未だ途上国並
 みと言われるのが、女性の社会進出の割合です。男性との賃金格差や、企業に占
 める女性役員の割合など、数え上げればきりがありません。これらを是正しよう
 という施策も、「アファーマティブ・アクション」と言えます。

 しかし、あえて日本語に訳せば「差別是正措置」とも呼ぶべきこの動きには、批
 判もつきまといます。曰く「単に女性というだけで優遇されるというのは、逆に
 不公平だ」「アメリカなどの人種差別と(日本の女性問題)は次元が違う」。確
 かに男女共同参画社会基本法などの効果もあって、女性の社会的地位は明らかに
 向上してきています。それが十分かどうかは、議論の分かれるところですが。

 いずれにせよもっと前向きに、差別といった表現ではなく、更に女性の社会参加
 を促すことで、日本社会全体をもっと活性化していこう、ということで、前向き
 という意味を持つ「ポジティブ」を「アファーマティブ・アクション」と合わせ
 た造語が、「ポジティブ・アクション(和製英語)」です。

 実際、単純に経済の面からみても、市場の半分は女性であり、女性社員の声を積
 極的に取り入れ、そのニーズに応えた企業が次々と成功を収めていますし、地方
 の中小企業の多くは女性従業員抜きでは成り立ちません。一方で、日本で圧倒的
 に女性の社会進出が遅れているのが、政治の世界です。その必要性が長年訴えら
 れながら、その改善の歩みはかなり遅いものです。

 先日永江議員がテレビ番組で、「クォータ制」の実現を唱えておられました。そ
 の是非は意見の分かれるところでしょうが、政界における女性の地位が低いこと
 は、女性の声が社会になかなか反映されない大きな要因と考えられます。

 <「国会トークフロントライン」で永江議員が「クォータ制」に言及した回 >
 http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/frontline/20120720.html

                      バイリン出版解説委員 合田治夫


 来月の「月刊 陽だまり通信」もお楽しみに!!


─────────────────────────────────────
☆発行/編集:ながえ孝子事務所
 info@nagae-takako.jp (メルマガ専用アドレス)
 代表者:永江孝子(ながえたかこ)

 ながえ孝子公式サイト
 http://www.nagae-takako.jp/

※このメールマガジンの無断転載はできません。
─────────────────────────────────────