━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012年 8月号 ━━

 衆議院議員 ながえ孝子の『月刊 陽だまり通信』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんにちは、衆議院議員の永江孝子です。
 あなたとの出会いに感謝し、活動の一端をご理解頂きたいとの願いをこめて、
 メールをお送りさせて頂きます。もし、このメールがおじゃまな場合は、お手数
 をおかけしますが、返信機能を使ってこのメールに「配信停止」とお書き添えの
 上、ご返信いただきますよう、お願い致します。


 ※文字がずれて読みにくい方は、等幅フォントで表示の上、お読み下さい。

 ┏─────────────────────────────────
┏┓【0】今月のメニュー                       ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 【1】8月のながえの一言(ご提案):ながえ事務所流「涼しく過ごす方法!」

 【2】7月の『力こぶ』:特別委員会で野田総理に直訴

 【3】ながえが見つけた『Coolまつやま』:「ここまでやるか!」の…産直○○

 【4】8月の予定

 【5】ニュースのコトバ:「パブリックコメント」


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【1】8月のながえの一言(ご提案)                ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇ ながえ事務所流「涼しく過ごす方法!」

 言うまいと思っても…の暑さが続きます。
 となれば、今月の提案は、スバリ「涼しく過ごす方法!」 しかもエコに!!
 昨年は「ながえ孝子事務所」も、福島県南相馬市の農業者の皆さんが販売されて
 いる「グリーンカーテン」セットを買って、ゴーヤ苗を植え、緑のカーテンを栽
 培し、西日を防ぎ猛暑を乗り切りました。

 そんな「ながえ事務所」に、今年は新アイテム登場!
 先日、事務所に帰ってきてパソコンのスイッチを入れると、どこからか涼しい風
 が…見ると、サーバーの上にピンクの小さな可愛い扇風機が!
 小さな風ですが、エアコンの設定温度を下げることなく、火照った体にやさしい
 エコです。

 もうひとつ、事務所の冷凍庫には、クールネクタイ(単なる細いタオルですが)を
 常備しています。首筋は、全身のほてりをさますツボ。ここを冷やせば、効き目
 は早い。

 更に、肩こりなどに塗る、スースーする消炎剤をこめかみに塗る。すっきりしま
 すし、スースーで眠気も飛んで一石二鳥。ですが、塗りすぎると涙が止まらなく
 なるので要注意です。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【2】7月の『力こぶ』                      ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇ 特別委員会で野田総理に直訴

 「すべての子どもが質の高い保育と幼児教育を受けられるように、国として全力
 を尽くして欲しい。その為の子育て支援に1兆円の財源を確保して下さい。」

 特別委員会で、野田総理に訴えました。その模様をNHKの国会中継を通じて、
 全国の皆さんがご覧になっている中で、野田総理は「全力を尽くす」と力強い答
 弁をされました。

 この財源を使って、お子さんが病気になった時にも安心して預けられる、病児・
 病後保育や休日・延長保育などを充実させたいと思っています。
 働きながら子育てをしてきた経験を活かして、働きながらでも楽しく子育てがで
 きるよう、環境整備に頑張ります。

 <特別委員会の模様: http://www.youtube.com/watch?v=sry0tjRl6js >


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【3】ながえが見つけた「Coolまつやま」              ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇「ここまでやるか!」の…産直○○

 【農業の6次産業化えひめ応援団】を自任する私は、これまで色んな産直グルメ
 バーガーを頂いてきましたが、これはびっくり!というか「ここまでやるか!」
 と、正直思いました。
 が、一口食べて「よくぞここまでやった!!」と、作った方の所まで言いに行き
 たくなった、『鯛めしバーガー』です。

 普通はパンのところがお米で、普通はハンバーグのところが鯛!なんです。
 それも、焼き鯛がキャベツやきゅうりやらと一緒に、ご飯、つまり平べったいお
 にぎりの間に収まってるんです。材料はもちろん愛媛産の、産直バーガーです。

 ほおばると、焼き鯛とご飯とサラダが一緒に味わえる、言ってみれば高級丼の感
 じ。鯛の鮮度もボリュームも文句なし。お城山ロープウェー乗り場隣のショップ
 で、1ケ550円で売ってます。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【4】8月の予定                         ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇ 教育パネルディスカッション
 
 8月4日(土)にピュアフル松山で開かれる教育パネルディスカッション『えひめ発
 みらいへ ~新しい“きっかけ”を作る~』で、コーディネーターを務めます。
 教育に関わる学生さんが企画したパネルディスカッションです。
 様々な問題を抱える教育現場で、熱い想いを持って、子どもたちの未来を明るく
 したいと、独自のチャレンジをしている現場の先生方にお出で頂き、その実践例
 を発表して頂きます。
 また当日は、文部科学省の高井副大臣も出席されます。
 頑張っている現場の取り組みや、若い教育者の考えてることなどを、副大臣に伝
 えましょう。
 そして、明日への新たなチャレンジを共有しましょう。

 『えひめ発みらいへ ~新しい“きっかけ”を作る~』
 日時:8月4日(土) 12:30~14:00
 場所:ピュアフル松山(勤労会館)6F


 ◇ 今後の政策課題

 今、衆議院で「国会議員の定数削減法案」を審議しています。これは本来、消費
 税の引き上げ法案の採決より先にやらなければならないことでした。少し遅くな
 りましたが、今月中には衆議院で可決させるよう頑張ります。

 来年度予算の概算要求の時期です。
 各団体や組織の皆さんから要望をお聞きしています。
 皆さんの暮らしに直接かかわるところは、自治体を通じて実現するところが多い
 ので、とにかく自治体予算が充実するよう、地方が自由に使える「一括交付金」
 を増やすよう、力を尽くします。


 ◇ 8月の集会(ふれあいトーク)開催予定
 
 8/11(土)13:00~14:00 星岡集会所 (松山市星岡町3-2-8)
 8/11(土)15:00~16:00 白水台集会所 (松山市白水台4-8-6)


 ◇ 出前集会もやってます!

 2~3人集まって下されば、いつでもどこでも参ります。
 ぜひ、ながえ孝子事務所にお声をかけてください。


 ◇ Information(おしらせ)

 新しいポスターを作りました。家の塀に、あるいは駐車場のフェンスに貼っても
 いいよ、という方、ながえ孝子事務所までご連絡ください。


 お問い合わせ・ご連絡先:ながえ孝子事務所
 (TEL: 089-941-8007 E-mail: jimusho@nagae-takako.jp )


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【5】 「ニュースのコトバ」              合田治夫 ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 <今月のコトバは …「パブリックコメント」です。>

 国民の政治参加、とはいうものの、現実には我々の日々の生活と、政治や行政の
 現場との間には、深い溝があるのも事実です。そんな中でも、近年インターネッ
 トの普及もあって、着実に政治や行政の現場に国民の声が届けられるようになっ
 てきました。それが「パブリックコメント」、通称「パブコメ」です。

 各省庁や地方自治体の役所では、これまでも意見公募手続や意見提出制度という
 名称で、広く一般に特定の政策課題について意見を求めるということは、実はこ
 れまでにも行われていました。平成5年には行政手続法という法律で、制度その
 ものは整備されていたのですが、インターネットの普及で、電子メールなどで手
 軽に意見送付が出来るようになり、「パブリックコメント」という言葉も拡がり
 つつあるようです。

 「パブリックコメント」という言葉の通り、このアイデア自体、欧米からきたも
 のと考えるべきでしょう。我々日本人は、良くも悪くも「お上意識」が強く、政
 治や行政を政治家や役人に全てを委ねるという意識が強く、それは投票率の低さ
 に象徴される、政治への関心の低さに端的に表れている、とも言われています。
 結果、政治や行政にかかわる人々の関心は、一般国民から離れ、声の大きい特定
 の組織や層の利益が優先され、多くの国民の利益が損なわれる結果になっている
 ことが、更なる政治不信や絶望、無関心を招く、悪循環に陥っているようです。

 自分の意見を拾わない政治家や役人を批判し、無能と罵るのは簡単です。確かに
 現在のパブコメも、その存在自体がマスコミで広く伝えられる機会は少なく、そ
 の存在自体が周知されていないという問題点はありますが、それでも制度は存在
 します。また、地元の代議士に(事務所を通じて)意見を伝えることも、一種の
 パブコメとして機能します。政治を「批判」し「絶望」する前に、自らの声を政
 治・行政の現場に伝え、「説得」する努力が必要なのかもしれません。

 政府へのパブコメは、以下のサイトから送付できます。
 http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public (e-Gov-電子政府の総合窓口)

                      バイリン出版解説委員 合田治夫


 来月の「月刊 陽だまり通信」もお楽しみに!!

─────────────────────────────────────
☆発行/編集:ながえ孝子事務所
 info@nagae-takako.jp (メルマガ専用アドレス)
 代表者:永江孝子(ながえたかこ)

 ながえ孝子公式サイト
 http://www.nagae-takako.jp/

※このメールマガジンの無断転載はできません。
─────────────────────────────────────