━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012年 3月号 ━━

 衆議院議員 ながえ孝子の『月刊 陽だまり通信』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんにちは、衆議院議員の永江孝子です。
 あなたとの出会いに感謝し、活動の一端をご理解頂きたいとの願いをこめて、
 メールをお送りさせて頂きます。もし、このメールがおじゃまな場合は、お手数
 をおかけしますが、返信機能を使ってこのメールに「配信停止」とお書き添えの
 上、ご返信いただきますよう、お願い致します。


 ※文字がずれて読みにくい方は、等幅フォントで表示の上、お読み下さい。

 ┏─────────────────────────────────
┏┓【0】 今月のメニュー                      ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 【1】3月のながえの一言(ご提案)

 【2】2月の『力こぶ』:「学校の耐震化」

 【3】ながえが見つけた『Coolまつやま』特別版:「防災グッズ最新事情」

 【4】3~4月の予定

 【5】ニュースのコトバ:「マイナンバー制度」


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【1】3月のながえの一言(ご提案)                ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 まもなく3月11日、東日本大震災から1年を迎えます。亡くなられた1万5千人、
 行方不明の3,500人の方々の想いに報いる為にも「ふるさとの再生」をしっかり
 成し遂げなければならないと思っています。そして3.11を教訓にして、「防災」
 に力を入れなければなりません。

 そこで、いくつか質問をします。あなたの備えはどうでしょう?

 (1) 寝床の周りに倒れてきそうなタンスなどありませんか?
 (2) 寝床から手の届く所に、懐中電灯、スリッパはありますか?
 (3) 3日分の食料・水など、備蓄はありますか?

 防災を考える時に、大切なのは最悪を想定する事です。
 真冬の真夜中に地震が起こったと考えて下さい。

 (1) について:寝ている時にタンスが倒れてきたら大変!転倒防止グッズは色々
 と売られています。今すぐ倒れてこないよう備えを。

 (2) について:真暗闇です。まず懐中電灯が欲しいですね。また、起き上がって
 行動する際、ガラスが割れている事も考えられます。裸足では危ないのでスリッ
 パをはけるように。
 「飛散防止フィルム < http://bit.ly/wbzEYR >」を貼っておくのも一手かも。

 (3) について:3日すれば支援物資が届きます。3日間、自力ですごせる備えを
 しておきましょう。

 「備えあれば憂いなし」です。
 明日用意しようと思っている今晩、起こるかもしれないのです。
 さぁ、まずは布団の上に寝転んで、周りを見るところから始めましょう!


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【2】2月の『力こぶ』                      ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 「学校の耐震化」に力を尽くしました。学校は、子ども達の命がかかっているだ
 けでなく、避難所にもなる防災の拠点です。しかし残念ながら、愛媛の公立小・
 中学校の耐震化率は、全国平均73.3%に比べて、61.9%と心配な状況です。
 H24年度には、全国レベルでは耐震化率90%達成を目指しているので、遅れては
 なりません。
 松山市と連携して、前倒しで耐震化が進むよう、予算の確保に努めました。全国
 の他の自治体に比べて一桁多い予算を獲得し、工事が完成すれば、松山市の公立
 小中学校の耐震化率は、87%ほどに引き上がります。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【3】ながえが見つけた「Coolまつやま」特別版           ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇「防災グッズ最新事情」を知ろう!

 防災グッズも最近色々便利なものが出ていますが、赤ちゃんのいる家庭にお勧め
 なのは、水を注ぐだけで沸騰する発熱材「モーリアンヒートパック」。赤ちゃん
 のミルクを温めるのに便利です。
 また、非常食として5年間保存可のキャラメルも、少量でカロリーが高く、おす
 すめ。
 それから、お風呂の残り湯は捨てずに、ためておきましょう。いざという時、消
 火などに使えます。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【4】3~4月の予定                       ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇ながえ孝子後援会総会・前原誠司民主党政調会長講演会
 
 総会後に、前原政調会長の講演会を行います。
 どなたでもお越しいただけますので、ふるってご参加ください。

 場所:松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール
 日時:4/15(日)16:00~ 後援会総会 16:30~前原氏講演会
 ※講演会のみのご参加が可能です。


 ◇3~4月の集会(ふれあいトーク)開催予定
 
 3/24(土)11:00~12:00 三津浜公民館(松山市三津3-2-30)
 4/14(土)15:00~16:00 東雲公民館 2F大会議室(松山市勝山町2-11-5)
 4/28(土)15:00~16:00 堀江公民館(松山市堀江町甲1400-1)


 <出前集会もやってます!>

 他、2~3人集まって下されば、いつでもどこでも参ります。ぜひお声をかけて
 ください


 ◇Information(おしらせ)

 新しいポスターを作りました。家の塀に、あるいは駐車場のフェンスに貼っても
 いいよ、という方、ながえ事務所までご連絡ください。


 お問い合わせ・ご連絡先:ながえ孝子事務所
 (TEL: 089-941-8007 E-mail: jimusho@nagae-takako.jp )


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【5】 「ニュースのコトバ」              合田治夫 ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 <今月のコトバは…「マイナンバー制度」です。>

 野田政権が現在着手している政策課題の一つに、「マイナンバー制度」がありま
 す。この制度、マイナンバーという名前こそ最近出てきたものですが、この構想
 自体は、自民党政権の時代から検討されてきました。また、09年の衆院選で、民
 主党のマニフェストの一つに掲げられていたものでもありますし、それ以前から
 共通番号制度の導入は、民主党の主要政策の一つとなっていました。

 国民全員に固有の番号を割り当て、税金の納付や福祉サービスを受けるなど、公
 的機関とやりとりする際、役所やサービスの管轄が異なっても、この番号で一元
 的に対応しようというしくみ、それが共通番号制度で、諸外国では幅広く導入さ
 れています。日本は役所ごとにほとんど連携がなく、バラバラに対応しているの
 で、ただでさえ煩雑な手続きを個別にせねばならず、国民も役所も、お互いに負
 担がかかっています。「消えた年金問題」も、共通番号制度があれば、あのよう
 な事態には至らなかった、とも言われています。

 マイナンバー制度の導入は、現在不可避とされつつある消費税増税に必要な、低
 所得者の救済には不可欠と言われています。日本の消費税制度は、生活必需品の
 減税や免税と言った措置がありません。このような低所得者の救済措置は、何を
 生活必需品にするかでかえって複雑になり、行政コストの増大や新たな利権の温
 床となるため、日本では一律の税率となっており、それはそれで十分合理性のあ
 るものになっています。その上で、低所得者には税金を返したり、別途に手当を
 渡すなどすればいいわけですから。

 そこで重要になるのが、「正確な所得の捕捉」です。つまり誰がいくら収入があ
 り、更にいえば、いくら資産があるのかを把握しなければ、その情報をもとに税
 金を戻したり、手当を渡すこともできません。特に資産の把握は重要で、今後収
 入がなく、年金や蓄えだけで生活していく高齢者が増えることで、公平な税負担
 には不可欠な情報ですが、今の政府にはその情報が皆無です。逆に、収入や資産
 が少ない国民には、これまで以上に手厚い支援も可能になってくるでしょう。

 共通番号制度には、個人情報の漏洩や政府が国民の管理を強めるなどの問題点も
 指摘されていますが、このまま情報不足の政府が、適切な支援や課税、効率的な
 行政を行うことは不可能です。政府はマイナンバーで何が国民にプラスになり、
 それをどう実現するか、更に問題点を解消する道筋を、しっかり示す必要があり
 ます。

                      バイリン出版解説委員 合田治夫


 来月の「月刊 陽だまり通信」もお楽しみに!!

─────────────────────────────────────
☆発行/編集:ながえ孝子事務所
 info@nagae-takako.jp (メルマガ専用アドレス)
 代表者:永江孝子(ながえたかこ)

 ながえ孝子公式サイト
 http://www.nagae-takako.jp/

※このメールマガジンの無断転載はできません。
─────────────────────────────────────