━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2011年11月号 ━━

 衆議院議員 ながえ孝子の『月刊 陽だまり通信』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんにちは、衆議院議員の永江孝子です。
 あなたとの出会いに感謝し、活動の一端をご理解頂きたいとの願いをこめて、
 メールをお送りさせて頂きます。もし、このメールがおじゃまな場合は、お手数
 をおかけしますが、返信機能を使ってこのメールに「配信停止」とお書き添えの
 上、ご返信いただきますよう、お願い致します。


 ※文字がずれて読みにくい方は、等幅フォントで表示の上、お読み下さい。

 ┏─────────────────────────────────
┏┓【0】 今月のメニュー                      ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 【1】11月のながえの一言(ご提案)

 【2】ながえが見つけた「Cool松山」

 【3】10月のご報告

 【4】11月の予定

 【5】ニュースのコトバ:税と社会保障の一体改革


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【1】11月のながえの一言(ご提案)               ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 秋風のさわやかな季節となりました。朝の街頭演説に立つと、少し「ぶるっ」と
 きたりもします。皆さん、かぜをひかないようお気をつけ下さい。
 今からやる【かぜ予防】は、ビタミンCをとる。つまり、野菜・果物を沢山食べ
 ることです。
 かと言って、サラダをそんなに多量に食べられるわけもないので、おすすめは
 ジュース。のどが渇いて、いつもならコーヒーかお茶を飲むところを、野菜ジュ
 ースにしてみて下さい。かぜ予防のお勧めは、「にんじん+大根」ジュース!
 ちなみに衆議院議員一期目の最高齢、77歳の菊池長衛門さんが、毎日飲んでいる
 のは…何と松葉ジュース!!
 しかも地元の松葉でないとダメ、というこだわりぶりです。
 『元気なのには訳がある』


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【2】ながえが見つけた「Cool松山」                ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇毎月第4日曜日は中央市場が熱い!

 先月30日の朝も、中央卸売り市場内にある関連棟前に行列ができる程のにぎわ
 いでした。「街のまん中日曜市」。普段は小売業者でないと入れない卸売りの店
 が並んで、いつもの物が安く買えると同時に、サービス品・オリジナル品が並ん
 だり、特別出店のお店で珍しい物、美味しい物がずらり。
 今回ここで見つけたCoolな一品は『初恋クッキー』。かなり甘い、と思ったあな
 たが甘い!実は塩クッキーで、こんなキャプションが…「恋はそんな甘いもん
 じゃない」その通り!
 ほんのり甘いけど、切ない涙の味もして、実に味わい深い。
 他にも「いちご大福」や、海の幸たっぷりに温玉ののった「玉春日丼」があった
 りと、意欲的なオリジナルうまいもんが並んでいます。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【3】10月のご報告                       ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 10月21日、臨時国会が召集されました。それまで地元では、1)地域での集会
 2)各種分野の現場の方々の意見ヒアリング に重点をおいて活動しました。
 国会では現在、ながえは、
 ・総務委員会(地方自治、地方税、通信放送、消防、行政評価など)
 ・文部科学委員会(教育、科学技術、スポーツ、文化庁関連など)
 に加え、
 ・消費者問題特別委員会(消費者の擁護・増進など)
 では、初の理事も拝命しました。委員会運営について勉強させて頂いています。


 ◇今月の力こぶ:返済不要の奨学金制度の創設

 被災地の子ども支援をやってきて、総理はじめ閣僚に提言を行ってきましたが、
 支援策の中でも、力をいれているのは、返済不要の奨学金制度の創設です。


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【4】11月の予定                        ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 ◇11月の集会(ふれあいトーク)開催予定
 
 11/13(日)13:00~14:00 雄郡公民館(松山市小栗3丁目5-24)
 11/26(土)11:00~12:00 久枝公民館(松山市西長戸299)
 11/27(日)14:00~15:00 生石公民館(松山市高岡町860-67)


 <出前集会もやってます!>

 他、2人3人集まって下されば、いつでもどこでも参ります。ぜひお声をかけて
 ください


 ◇Information(おしらせ)

 新しいポスターを作りました。家の塀に、あるいは駐車場のフェンスに貼っても
 いいよ、という方、ご連絡ください。


 お問い合わせ・ご連絡先:ながえ孝子事務所
 (TEL: 089-941-8007 E-mail: jimusho@nagae-takako.jp )


 ┏─────────────────────────────────
┏┓【5】 「ニュースのコトバ」              合田治夫 ┏┓
┗□─────────────────────────────────□┛

 <今月のコトバは…『税と社会保障の一体改革』です。>

 少子高齢化が加速することで、最も社会に影響が出るもののひとつが、社会福祉
 です。

 例えば年金。現役世代が、引退した方々の年金の財源を負担する現行制度(=賦
 課方式)は、現役世代の負担が増え、それでも足りないという状況。徐々に高齢
 者への年金を給付することが厳しくなってきている、と言われています。

 他国に比べ、日本の福祉は「中福祉低負担」とも言われ、税金を含む国の収入に
 比べ、年金などの社会保障への支出額がはるかに上回っています。社会福祉の予
 算を減らして支出を抑えるか、福祉を減らさないのであれば、税金を上げたり、
 年金保険料を上げたりといった、国の収入を増やす措置が必要になります。

 ただ、支出を減らすにしても、収入を増やすにしても、国民には大きなマイナス
 となります。実際には、負担をできるだけ軽減するために、ある程度支出を抑え
 て社会福祉の規模を小さくしながら、税金などの直接的な国民負担を増やして、
 制度を維持していこうとしています。これが「税と社会保障の一体改革」です。

 菅政権の時に再度議論が本格化された「税と社会保障の一体改革」。国民負担の
 面では、欧州各国より低い税率となっている消費税の増税が、最も有力との意見
 が大勢となりつつあるようです。しかし、消費税は低所得者も同じ支出に対して
 同額を負担するため、かえって不公平という問題(=逆進性)も指摘されていま
 す。そもそも、高額所得者の負担が大きい所得税や資産への課税、更には収益の
 高い企業の法人税など、担税力の高い層、つまり税金をたくさん払うことのでき
 る人々が、それ相応の負担をすべきという意見もあります。
 事実、過去に消費税を導入した際や、5%に引き上げた際など、所得税などの高
 額所得者への負担が大きい税は大幅に減税されており、この機会に税のしくみを
 大幅に見直す必要があるのかもしれません。

 一方、増税のみによって、国の赤字が減った例も、世界的に見て過去に例があり
 ません。永江議員も、増税により経済が停滞し、かえって税収が落ち込む点や、
 家計への影響が大きくなり、結果的に国の財政に、より負担がかかる危険性につ
 いて指摘しています。
 http://www.nagae-takako.jp/blog110912162516.html

                      バイリン出版解説委員 合田治夫



 来月の「月刊 陽だまり通信」もお楽しみに!!

─────────────────────────────────────
☆発行/編集:ながえ孝子事務所
 info@nagae-takako.jp (メルマガ専用アドレス)
 代表者:永江孝子(ながえたかこ)

 ながえ孝子公式サイト
 http://www.nagae-takako.jp/

※このメールマガジンの無断転載はできません。
─────────────────────────────────────